高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト=https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルなどの取材・分析を手がける。映画パンフレット、芸能プロダクション・企業向け分析リポートの執筆も担当。note個人クリエーターページ(https://note.com/tokyodiorama/)。

令和の「シン・王道」本田仁美は素朴で好感度の高いキャラクター 魅力は金髪の華やかさだけじゃない

公開日: 更新日:

 世間の流れとは逆行して、女性アイドルグループには黒髪のメンバーが少なくない。そんな中で、今年1月にAKB48を卒業した本田仁美(22)は、金・ピンク・紫など、さまざまな髪色で自分を表現して、そのどの色もよく似合っていて、バラエティーでも華やかさがひときわ目立っている。

 とはいっても、髪色がユニークだったから目立ってバラエティーで活躍するようになったのではなく、キャラクターにも、抜き出た魅力があったことは、言うまでもない。

 2001年10月6日生まれ、栃木県出身。14年にオーディションで選ばれ、47都道府県から1人ずつの代表メンバーによって構成される「チーム8」(2023年休止。TOYOTAが全面サポートしていた)の栃木県代表としてAKB48に加入。

 オーディション番組で選ばれて、18年から21年4月まではAKB48での活動を休止して韓国発の多国籍グループ「IZ*ONE」で活動。このグループには当時のAKB48グループから宮脇咲良(現・SAKURA)、矢吹奈子、本田の3人が参加した。SAKURAは現在、韓国のアイドルグループ「LE SSERAFIM」のメンバーとして活躍中で、インスタグラムのフォロワー数は約1105万人で日本のタレントの中で3位。矢吹奈子はバラエティーやドラマで活躍中だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル