長谷川博己「アンチヒーロー」2話目で上昇、レビュー&主題歌も高評価だが…今期ナンバーワンの“本命”に欠けているもの

公開日: 更新日:

 長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」の第2話が21日に放送され、平均視聴率は世帯12.8%、個人7.8%と、初回(11.5%、7.0%)から大きく伸ばして絶好調をアピールしている(数字は関東地区=ビデオリサーチ調べ)。

 ネット上の評価は上々で、《まだ2話目だけど面白すぎる》《カット割に気合い入りすぎてて感動!》《長谷川博己の役もぴったりはまってる》《北村匠海ってこんなにカッコよかったっけ?》などと、視聴の継続を“宣言”する書き込みがズラズラッ!

 レビューサービス「Filmarks」ドラマの評価は5点満点で3.9(22日午前現在)で、杉咲花(26)主演のフジテレビ系月10「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ制作)の4.1には及ばないものの、“ドラママニア”も満足させているようだ。スポーツ紙芸能担当デスクは「春ドラマ一番のヒット作の本命に躍り出ましたね」とこう続ける。

■長谷川博己は持っている男

「最近は《視聴率はイマイチだけど、ドラマの内容自体の評価は高いから》なんて制作サイドの“ぼやき”をよく耳にします。《良さを理解してくれる視聴者が少ない》と責任転嫁せんばかりなんですが、こと『アンチヒーロー』に関しては、数字も伸ばして評価も得ている。長谷川さんは“持っている男”ですよね。もちろん日曜劇場はオールドファンのリアタイ視聴が多いというアドバンテージがあるとはいえ、視聴者はバカじゃない。本当に面白ければリアタイで見る人もいる。《低視聴率だけど高評価》は言い逃れにすぎないような気がしますね」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今