“器用すぎる”森川葵いよいよ脱皮? 令和のマチャアキ、カメレオン俳優の評価を今こそ追い風に

公開日: 更新日:

 18日、都内でサーモスブランド120周年記念発表会が行われ、俳優の森川葵(28)がマジシャンのマギー審司(50)とともに登場した。

 森川といえば、「それって!?実際どうなの課」(中京テレビ、日本テレビ系)で、カップを積み上げて元に戻すタイムを競う“スポーツスタッキング”や“テーブルクロス引き”など難易度の高いワザを短時間で体得することで話題。果敢にチャレンジする姿がイベントの起用理由になったというが、過去に大変だったことを聞かれ、「前にアーチェリーの矢を、矢とほぼ同じ大きさの穴に刺すという、アーチェリーの技に挑戦してそれが本当に大変だったんです。かなり時間がかかっちゃったんですけど、成功することができました」と語った。

 成功の秘訣について「“自分にはできる!”と自分を信じること。この役を任されたからには私にしかできないと思って毎回お芝居をしています」と明かした。

 ギネス記録保持者が何年もかけて体得したものをテレビ収録の時間内に軽々マスターし、スポーツスタッキングではアジア大会日本代表として金メダルを獲得するなど、並外れた記録を残しているが、女優としての印象はイマイチ薄い。「大奥」「ナンバMG5」(ともにフジテレビ系)、「街並み照らすヤツら」(日本テレビ系)など多数出演し、昨年6月には写真集も発売するほどの実力はあるのだが……。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今