今田美桜の“上昇機運”が止まらない!「花咲舞」も「悪女」も好評、杏や石田ひかりも食った?

公開日: 更新日:

 13日、連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)がスタートした。池井戸潤原作、メガバンク・東京第一銀行本部・支店統括部臨店班に異動した花咲舞がベテラン行員の相馬健とコンビを組み、支店で起きた問題に真正面からぶつかり、解決する痛快エンターテインメント作品だ。2014年4月期、杏主演でドラマ化され、大ヒット。翌年7月期には第2シリーズも作られた。

 新シリーズで、花咲舞役に抜擢されたのが今田美桜(27)。正義感が強く、相手が誰であろうと正しいと信じることは主張、納得がいかないことには「お言葉を返すようですが」と切り出し、決してあきらめない。花咲舞の正面から挑み、真っすぐなイメージが今田と重なる。何よりあの黒くて大きな瞳は最大の武器だ。日テレのドラマでは2年前に「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」で初主演。こちらもかつて石田ひかりが主演した大人気ドラマのリメーク版だった。

■「福岡で一番かわいい女の子!」

「『悪女』も今回の『花咲舞』も働く女性を応援するドラマで、主演に抜擢されるのは彼女を支持する同性が多いからではないでしょうか。今田を主人公にし、日テレが自分たちの財産でもある過去のヒットドラマをリメークするのはそれだけ信頼しているから。うがった見方をすれば、現在15社のCMをもつ今田を主演させればスポンサーもつきやすいというメリットもあるかもしれません」(テレビウオッチャー)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル