芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

大谷翔平の結婚で大誤算…木村拓哉主演ドラマ「Believe」にオンエア前から暗雲

公開日: 更新日:

 木村拓哉(51)の主演ドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)が25日から始まる。18日にはキャスト登壇イベントが都内で開催され、初めて夫婦役を演じる天海祐希(56)や初共演の竹内涼真(30)ら共演者8人が出席した。

 今作は、“32年に及ぶ木村のキャリアの中でも絶対に失敗が許されない作品”と関係者の間で言われている。昨年公になったジャニーズ事務所の性加害騒動の影響は木村といえども例外ではなく、複数のCM契約が消滅。「劇場版 教場」の企画も白紙になったと報じられた。

 またテレビ朝日系で2022年4月期に放送された「未来への10カウント」と2234月期の「風間公親-教場0-」(フジテレビ系)の平均視聴率は、“木村=高視聴率男”には有り得ないほどの低い数字を記録。今回の「Believe~」が木村にとって正念場なのは間違いない。

 実は、そんな“勝負作”に企画段階からケチがついた。“木曜ドラマ”枠として立ち上がった当初の木村の役どころは、“忖度無しに真実を追求する報道キャスター”だったが、これに「性加害問題のあった事務所のタレントが正義の味方を演じるのは視聴者からの反発を招く」と危惧した局上層部から“待った!”がかかったと一部マスコミが報道。そして再考された役柄は“建築士”だったのだが、これに今度は大まかなあらすじを知る「女性自身」が、「建築士が橋を作るという設定は誤りではないのか」と指摘。再々考の上で、ようやく決まったのが“設計士”という肩書きだったという。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル