旧ジャニ事務所に厳しく問われる社会的責任 性被害者はSMILE-UP.救済委に「返信できずに困っている」と吐露

公開日: 更新日:

 旧ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏からの性被害者への補償に対応しているスマイルアップ社(旧ジャニーズ事務所)。このほど発表した途中経過によると、補償受付窓口への申告者は981人で、うち434人に補償内容を通知。377人が合意し、計354人に補償金が支払われた。一方で、在籍および被害確認ができないとして、93人に補償を行わないと通知。救済委員会からの連絡に約200人が返信をしていないという。

「私も返信をしていない約200人に含まれると思います」と、18歳のときのジャニー氏からの被害を訴えた川井研一郎氏(55)はこう言う。

「返信は必ずします。するのですが、返信できずに困っています。提示された補償算定額では、とても社会復帰できるまでの生活費には足りない。かといって、何度も不服申し立てをすると、だったら裁判でどうぞと言われるとの話もあり、その(裁判)費用も捻出できるか分からないのです」

■届かない性被害者たちの訴えと苦悩

 川井氏は元子役俳優で、1982年公開の映画「ハイティーン・ブギ」で近藤真彦の弟役を演じた。長く封印してきたジャニー氏からの性被害について、ことし1月の会見で実名告発した際、会社に迷惑をかけないようにと内々にあらかじめ伝達した上司から被害者であると社内外に言いふらされ、PTSDを発症。さらに「仕事は無理だろう。辞めた方がいい」と言われ、休職扱いに。傷病手当が出ているが、社会的身分を失いかねない不安な日々が続いている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ