TBS「アンチヒーロー」好発進でも立ちはだかる重い課題 「VIVANT」のネトフリ惨敗リベンジなるか?

公開日: 更新日:

 長谷川博己(47)が主演を務める日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)が14日、スタート。今作は長谷川が2017年の「小さな巨人」以来、7年ぶりに日曜劇場で主演を務める作品。昨年大ヒットした日曜劇場「VIVANT」同様に、ストーリーや詳細などを一切明かさない“宣伝しない宣伝”の手法をとり、「VIVANT」の脚本家や演出家、プロデューサーなどが、今作の制作にも携わっている。そんな戦略も功を奏し、初回の世帯平均視聴率は「VIVANT」と同じ11.5%をマークした。

 最近の日曜劇場といえば、昨年10月期「下剋上球児」の世帯の全話平均が9.6%、今年1月期「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」が10.7%だった。14.3%に達した「VIVANT」と初回放送の視聴率が同値だったことは吉兆と言えそうだが、日曜劇場には課題も残っている。

「Netflixのランキング上位に食い込み、海外ユーザーにもリーチし、話題になることで海外でのリメイク権による収益にどのように繋げられるかという問題です。『VIVANT』は日本人の精神性が根幹にある日曜劇場らしい傑作でしたが、Netflixオリジナル作品も多い中、世界を意識した作りをしている作品の中で埋もれてしまった印象です」(ドラマ制作会社関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ