細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年、岡山市生まれ、鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。7月に「沢村忠に真空を飛ばせた男 昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)が、第43回講談社本田靖春ノンフィクション賞を受賞。

【追悼】曙太郎(中)師匠との確執、年寄株への高いハードル、知名度を利用した相撲協会の思惑

公開日: 更新日:

番外編

 2001年の初場所を最後に、現役を退いた第64代横綱・曙太郎に、日本相撲協会は功労金1億円を贈っている。初の外国人横綱に対し冷淡だった協会も、若貴兄弟と相撲人気を牽引した功績までは無視できなかったということだ。

 当然のように引退後は年寄名跡を取得して親方として部屋を起こすことが予想された。親方となる資格は十分にあったし本人もそれを望んでいた節もある。でなければ現役時代の1996年に帰化などしないだろう。

 しかし、一番の難題は年寄株は譲渡されない限り取得できないことにある。2人目となる外国人親方の誕生に、譲渡を名乗り出る年寄がなかなか現れなかった。もちろん、タイミングもあったろうし、高砂一門の事情もあったろうし、師匠である元高見山の東関親方との不仲も背景にあったはずだが、真相はわからない。ただ、筆者が見た限り理由はそれだけではなかったのではないか。外国人親方に部屋を起こさせるのは、我々の想像以上にハードルが高いものかもしれない。

 そこで、引退後は相撲協会に残り、横綱の特権である現役のしこ名である「曙親方」として、東関部屋付き親方としてかつての弟弟子の指導にあたるしかなかった。すなわち、師匠・東関親方の配下につくことで、年寄名跡の譲渡を待つ道を選んだということだ。伝えられてきた2人の関係性を思えば、相当なストレスだったのは間違いない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”