高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト=https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルなどの取材・分析を手がける。映画パンフレット、芸能プロダクション・企業向け分析リポートの執筆も担当。note個人クリエーターページ(https://note.com/tokyodiorama/)。

えなこは親しみやすい存在感で「クールジャパン」広報大使も務めるコスプレーヤー

公開日: 更新日:

 昨年放送された第1弾でヒロインを演じたのは、乃木坂46現キャプテンの梅澤美波だった。彼女に続いてキャスティングされたというのを見ても、えなこが今が旬の「美女役が似合う美女」だということがわかる。また、3月からキリン「一番搾り生ビール」のウェブCMにも出演している。

 今後もドラマやCMでの活躍が楽しみだが、やっぱり、なんといっても、明るい存在感はバラエティーとの相性がいい。

■「愛らしさ」の香り

 親しみやすい丸顔が印象的で、時折見せる大人の魅力も、おとなっぽすぎず、甘さを抑えたジャムのような魅力が、Z世代の男性だけでなく、女性からも支持されている。えなこと同様に、「東京湾岸がーるず」で一緒に活動した人気インフルエンサー・なえなの、あるいは今春から来年のNHK朝ドラでヒロインを演じる伊藤沙莉橋本環奈今田美桜も、小柄で子猫系(または子犬系)と妹っぽい魅力があり、共通する「愛らしさ」の香りを感じる。

 えなこも橋本環奈や今田美桜も若い層に人気があるが、だからといってイマドキな感じではなく、どんな時代であっても変わらない、色あせない愛らしさだ。今のテレビには、そういうエバーグリーンな魅力を持っている存在が必要なのだと思う。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も