長谷川博己&鈴木京香「大人の恋」の行方は…TBS「アンチヒーロー」大ヒットなら“節目”に?

公開日: 更新日:

 とりあえずTBS日曜劇場ファンの心はガッチリ掴んだようだ。14日にスタートした長谷川博己(47)主演の「アンチヒーロー」。

《狂気と悲哀が滲む日曜劇場。この先も楽しみでしかない!》《すごく続きが気になる! 久しぶりにリアタイでドラマを観ようと思った》《こういう大人向けのドラマ好きです》などなど、ネット上のレビューも好評だ。

 14日の初回平均視聴率は世帯11.5%、個人7.0%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)。前作の西島秀俊(53)主演「さよならマエストロ」の最終回11.0%を超えており、「合格点と言えるでしょう」と在京キー局関係者がこう続ける。

「長谷川さんが日曜劇場で主演するのは2017年の『小さな巨人』以来で、この間、2020年にNHK大河『麒麟がくる』で主役を務めたこともあってか、業界内外で《ますます演技に深みと色気が増した》ともっぱらです。今回の“ヒーローとは言い難いアンチな弁護士”役は、長谷川さんファンにとっても、たまらないでしょうね」

 制作サイドは「このままヒット間違いなし!」と意気軒高なんて噂話も聞こえてくるが、ドラマの好発進に芸能マスコミも色めき立っているらしい。芸能ライターの吉崎まもる氏は「これで長谷川さんと鈴木京香さんの“大人の恋”に大きな変化が出てくるのでは。そんな見方もあります」と、こう続ける。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”