高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

公開日: 更新日:

 昨年「30周年記念イヤー」を終え、1994年4月の放送開始から31年目に突入したフジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」が意気軒高だ。今年初めには、2018年から6年連続で「民放同時間帯視聴率1位」を獲得するなど、なにかと明るい話題に乏しいフジテレビの中で孤軍奮闘している。メインキャスターは三宅正治(61)、井上清華(28)、生田竜聖(35)のアナウンサー3人。

 発売中の「フライデー」は「フジテレビ『歴代最強女子アナ』を決めよう!」という企画を掲載しているが、歴代の「めざましアナ」も多数登場している。30人以上のテレビ関係者や識者に取材したという結果は、1位は高島彩(45)。圧倒的な支持を集め、ルックス、トーク力、アナウンス技術、すべての分野で申し分ない高評価だという。2位は近藤サト(55)、3位は八木亜希子(58)と続く。

 トップ3のうち2人が、「めざましテレビ」のメインキャスター経験者であることについて、女子アナ評論家の松本京也氏はこう話す。

「確かに高島アナがトップという結果は納得です。老若男女に愛された、まさに国民的アナウンサーでした。その後、同番組ではカトパンも人気となりましたが、一時期の高島アナの人気には及ばなかったのではないでしょうか。その一方、多士済々の人気アナが登場したフジテレビの『女子アナ黄金時代』には“めざまし派閥”と同時に“すぽると派閥”が存在しました。後者の中でもダントツの人気を誇ったのは、内田恭子アナでしょう」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル