森高千里「55歳でもミニスカ」のプロ魂…トレードマーク化はデビュー時の試練がきっかけ

公開日: 更新日:

 このほど55歳になった歌手の森高千里がステージでミニスカを披露し絶賛の嵐だ。本人も気を良くしたのか、SNSで公演を振り返りつつ、こうつづった。

《皆さんの声援もさらにパワーアップしてましたねー。たくさんお祝いもしてもらいましたよ~!“GO!GO!”な1年にしまーす》

 体形や美脚維持のためのエクササイズや食事管理はかねて語っているが、ミニスカへのこだわりにはプロ魂が込められているのだそうだ。

「1986年に『第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト』でグランプリに輝いたのが芸能界入りのきっかけでした。翌年に『NEW SEASON』で歌手デビューしたのですが、当初はバラエティーで着ぐるみ姿で出されたりして悩み、ストレスで2度入院してしまった。そうした試練で吹っ切れ、自分で自分を売り出し、そのセールスポイントとして押し出したのがミニスカ。もともとミニスカが好きだったそうですけど、これがウケて、トレードマークとなっていったそうです」(森高に詳しい某放送作家)

 デビュー当初はバンドブームで、「女の子でソロでやっていくには、とにかく目立たなきゃいけない」とも思ったらしい。当初はスタッフからも「短すぎ」と止められたが、森高はデビュー25周年の2012年、オリコンニュースでこう語っている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”