石原さとみvs田中みな実…「Destiny」で“女性版キムタク”を脱却するのは?「何をやっても同じ」の不名誉

公開日: 更新日:

 石原さとみ(37)が主演を務めるドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)が9日にスタートした。初回放送では、汚職事件に巻き込まれ自殺したとされる検察官の父を持ち、横浜地検検事になった石原演じる主人公・西村奏の大学時代が中心に描かれた。

 仲の良い男女グループの中で、亀梨和也(38)演じる野木真樹と恋に落ちるが、田中みな実(37)演じるカオリが奏に嫉妬し、奏の父の事件の何かをつかんだことをきっかけに真樹を呼び出し、車での無理心中を図るが、カオリだけが事故死するという衝撃的な展開が第1話では描かれた。

 今年元日に交際が報じられた亀梨と田中の共演の話題もさることながら、主演の石原と物語の要となるカオリを演じる田中は、それぞれ《何をやっても同じ役に見える》という声が多く上がる女優でもある。

 2人が今作でどのような演技を見せるのかにも注目が集まっていた。

■石原さとみの定番「早口低めのつぶやき→高音早口」のセリフ回し

「特に恋愛ドラマのヒロインを演じる際、石原さんは早口の低めの声でつぶやいた後、高音で叫び、早口になるセリフ回しや、大袈裟に見える演技などが特徴的で、視聴者からは《女版キムタク》と揶揄されることも少なくありません。一方、田中さんも大体は綺麗だったり優秀なのに、報われない不幸な女性の役や狂気的な役などが多く、今回も《いつも飛び道具みたいな役。TVerで観たけど田中みな実にしか見えなかった》《同じような役ばかりだね》という声があるように、やはり演じる役から“田中みな実感”が消えていない印象でした」(ドラマ制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル