「喝!あっぱれ!」不発…膳場貴子「サンデーモーニング」の先行きが心配だ

公開日: 更新日:

上品すぎて物足りないのはなぜ?

 関口宏から膳場貴子に司会が交代してリスタートしたTBS系日曜朝の「サンデーモーニング」、いささか退屈な番組になった印象はないか。

 膳場の進行はさすがにスムーズだし、1週間のニュースの紹介・解説も要領を得ていて、コメンテーターたちの批評も的を射ている。報道ワイドとしては文句のつけようはないのだが、行儀が良すぎて物足りないのだ。

 関口は物議を醸すことも少なくなく、今週は何を言うだろうかとワクワク感があった。

 たとえば、自民党のパーティー裏金騒動についても、「ズルズル、ダラダラいつまでやっているんだっていう感じが、私の中ではしちゃうんですが」とバッサリ切り捨てたが、膳場は「自民党内から『真相究明すべきだ』っていう声があがっていますけど、『えっ、今ごろやっと』という感じがどうしてもしてしまうんですよね」とおとなしめだ。

 心配なのは、「喝!あっぱれ!」が人気の「週刊ご意見番」が不得手らしいことである。

 膳場も「最初に白状させていただきますと、ちょっとスポーツはまだ『あれ』ですので、いろいろと教えてくださいませ」と認めているが、ご意見番の上原浩治との呼吸はいまひとつだった。

 膳場が20年連続勝利の中日涌井秀章投手に「あっぱれ!」を付けたそうにしても、上原は「まだ、まだ」とノッてこない。

 結局、初日の7日は「あっぱれ!」が7本だけ。スポーツファンは小気味いい「喝!」を楽しみにしているのに、ひとつもなく不発だった。

 視聴者からは「上品な番組になっていくのかなあー」「関口さんの偉大さがわかった」という声が寄せられている。実は視聴率もご意見番コーナー終了後から急落して、裏番組の「シューイチ」(日本テレビ系)に逆転された。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今