高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト=https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルなどの取材・分析を手がける。映画パンフレット、芸能プロダクション・企業向け分析リポートの執筆も担当。note個人クリエーターページ(https://note.com/tokyodiorama/)。

影山優佳は“坂道出身者”の出世頭! 所ジョージも絶賛した抜群のコミュ力と知性

公開日: 更新日:

 坂道シリーズ卒業メンバーの中で、この1~2年で最も急上昇を見せたのは、元・日向坂46影山優佳(22)だろう。

 サッカー関係の番組で活躍しているほか、最近では「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(日本テレビ系)で「開いてる店がなくなるまでハシゴの旅」コーナーのロケを担当して、街の人々にマイクを向けて一緒に盛り上がる姿を見て、MCの所ジョージが「すごいね」とコミュ力の高さを評価した。

 2001年5月8日生まれ、東京都出身。2016年に「けやき坂46」(現・日向坂46)の1期生オーディションに合格。

 サッカーに詳しく、子供時代に地元クラブで選手としてプレーしていたことから、2022年のFIFAワールドカップカタール大会の中継ゲストに起用され、的確なコメントが注目を浴びた。

 2023年4月には「世界衝撃!ウワォ動画2時間SP」(日テレ系)で加藤浩次とタッグを組み、バラエティーの進行役に初挑戦。同年夏、日向坂46を卒業した。

 高校生時代にはカントの哲学書を愛読して、クイズ研究会に所属していたという知性派。日向坂46時代に「Qさま!!」(テレビ朝日系)の3時間スペシャルで、ロザンの宇治原史規やメイプル超合金カズレーザーらを抑えて番組史上最年少で優勝するなど、クイズ番組でも活躍中。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今