映画「石岡タロー」は感涙必至! 茨城版“忠犬ハチ公”役の元保護犬が魅せた圧巻の演技

公開日: 更新日:

 地方発のインディーズ映画「石岡タロー」(石坂アツシ監督)が東京で公開され、口コミでファンを増やしている。石岡駅の待合室で、戻らぬ飼い主を17年間待ち続けた“茨城版・忠犬ハチ公”の実話が評判を呼び、昨年の茨城県での公開から粘り強い興行を続け、ついに東京公開にこぎつけた。その魅力を映画批評家の前田有一氏がこう語る。

「人間と違って“演技指導”が簡単にはできない動物映画であることに加え、昭和時代が舞台ということで、画面に映るすべてに時代考証が必要になります。予算規模が大きいメジャーでも足踏みする題材を、インディーズながら違和感なく映像化していて驚きました。物語は地元の石岡市で語り継がれる感動的なもので、犬好きならずとも大泣き必至です」

 タローの物語を知った映像作家の石坂アツシ監督が、石岡市を中心に取材を重ね、自身初の長編商業映画として製作。資金の一部は一般市民からのクラウドファンディングで集めたという。

 舞台は昭和39年。茨城県の石岡駅近くで小学校の用務員(菊池均也)が一匹の迷子犬を保護する。彼は飼い主を探すが見つからず、いつしか小学校でその犬を飼うことに。犬は子供たちの人気者になり、やがてタローと名付けられる。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今