嵐デビュー25周年で新会社設立→活動再開の打算…ファンクラブの巨額収入も自由自在に

公開日: 更新日:

 2020年12月31日いっぱいで活動休止して以降も、ファンクラブは継続。グループで再び活動することを信じて少なくないファンが会費を払い続けているが、3年以上も音沙汰がないことから、一部からは不満の声が聞かれた。

「ファンの声は各メンバーも十分わかっていて、これ以上、嵐を有耶無耶にすることはできない中、ジャニー喜多川氏の性加害問題が発生し、旧ジャニーズ事務所が解体的出直しを迫られたのも大きなきっかけとなっています」(週刊誌記者)

 ファンの祈りが通じたのか、ようやくグループでの活動再開が実現しそうな嵐だが、今回の動きを打算的と見る向きもあるという。

■不協和音で解散したSMAPは25周年をふいに

「最近になって独立の噂が報じられたのが、松潤と櫻井です。松潤は23年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の視聴率が低迷し、俳優としての先行きが不安視されていました。櫻井も日テレの『news zero』でジャニー氏の性加害問題へのコメントを避けていたことから、失格の烙印が押されたにもかかわらずキャスターを続行。今後、個人で活動していくには不安要素が多い2人にとって嵐の活動再開は渡りに船といったところでしょう」(前出・芸能ライター)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至