東山紀之社長が英BBCインタビューで鉄面皮のア然…旧ジャニーズ性加害問題「元の木阿弥」の恐れ

公開日: 更新日:

 旧ジャニーズ事務所の創業者である故ジャニー喜多川氏による未曽有の連続児童性加害を世界に伝えた英BBC放送のドキュメンタリーから約1年。被害に遭った「当事者の会」メンバーたちが3月29日、東京・内幸町の日本プレスセンタービルに姿をみせた。旧ジャニーズ問題などを考えるマスコミ勉強会に招かれたのだ。

 ことし2月に心筋梗塞となり、カテーテル手術を受けた元代表の平本淳也氏(57)は杖をついていた。体調を聞くと「大丈夫じゃないですよ」と言って笑った。

 BBCの続報である「捕食者の影 ジャニーズ解体のその後」の内容がこのほど明らかになり、ジャニー氏以外にも、所属タレントに対し性加害を行っていた男性スタッフが2人いたことが改めて伝えられた。

 平本氏はこう言った。

「特別調査委員会の報告書でも挙げられていたものですよね。(BBC番組を機に)今また(国内で)報じられていますけど、やはり海外メディア発だと違うのでしょうかね。まあ、それでウミを出すというきっかけになればいいですけど」

 性加害者のひとりは、昨年9月まで在籍していたスマイルアップ東山紀之社長(57)の元マネジャーだ。にもかかわらず、BBC取材に東山社長が「どなたなのか理解していない」と無表情に答える映像が公開された。被害を訴えた当事者の会メンバーらへの誹謗中傷が浴びせられていることには、「言論の自由もあると思うんですね」などと平然と言ってのけた。これらには当然ながら、批判が噴出している。副代表の石丸志門氏(56)も「憤慨しています」と、こう言った。

「東山社長は誰でも、何を言っても許されるとでも思っているのでしょうか。またそういう発言によって、誹謗中傷者を助長させる可能性すら想像できないのでしょうか。ご存じの通り、誹謗中傷は民事訴訟にとどまらず、刑法上の名誉毀損罪に問われる可能性がある。先日もネットでの誹謗中傷によって、侮辱罪で略式起訴されました。そうしたことも知らないのかと疑ってしまいます。CMなどで誹謗中傷防止キャンペーンを先陣を切ってやるべきでしょうに、全く正反対なのですから、とても信じがたい」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽