新NHK朝ドラ「虎に翼」気になる3つのジンクス…「らんまん」「ブギウギ」の好調を引き継げるか

公開日: 更新日:

「時代をまたぐストーリー」というのもヒット作に共通している。「ブギウギ」は大正と昭和、「エール」は明治から東京オリンピック、「カムカムエヴリバディ」は大正から令和、「らんまん」はなんと江戸時代に始まって昭和の戦後までのお話だった。時代の変転とともに主人公の人生は波瀾万丈、テレビの前で応援したくなるのだ。

「虎に翼」は昭和の初期から昭和50年代まで、日中・太平洋戦争を挟んだ時代またぎとなる。

 ちなみに、「ウェルかめ」「つばさ」など平成が舞台の“現代もの”は、「あまちゃん」を除くと低調である。

■“ロス現象”が人気を押し上げ

「3つ目の共通点は、主人公の身近な人の死です。『ブギウギ』は水川あさみの母親、黒崎煌代の弟、水上恒司の内縁の夫、『らんまん』は広末涼子の母親と松坂慶子の祖母が亡くなり、『なつぞら』では吉沢亮の農村画家、『あさが来た』はディーン・フジオカの五代友厚らです。そのたびに“ロス現象”が起きて、それがまた人気を押し上げます。『虎に翼』のモデル三淵嘉子も夫は戦病死、弟は戦死します。ドラマではイケメンの仲野太賀と三山凌輝が演じているので、ロス現象が起きそうです」(テレビ情報誌編集デスク)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽