著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

髙橋海人と熱愛報道の有村架純が目黒蓮とフジ月9で初タッグ "常識外れの組み合わせ"の破壊力

公開日: 更新日:

 Snow Man目黒蓮(27)が7月期のフジテレビ系"月9"ドラマに初主演し、ヒロインを有村架純(31)が務めることが報じられた。これについて、スノ担(Snow Manファンの総称)の"めめ"(目黒蓮の愛称)ファンが「有村はジャニオタなの?」とザワついている。

 有村は昨年12月にKing & Prince髙橋海人(24)との3年越しの"半同棲"交際を暴露されたばかり。その少し前には大河ドラマ『どうする家康』で共演した嵐・松本潤(40)のご執心ぶりが話題になり、10年ちょっと前には旧ジャニーズ事務所所属のタレントとの熱愛写真がフライデーされたこともあった。

 故メリー喜多川元副社長が存命なら、そんな有村と目黒の共演なんて絶対に許されなかっただろう。所属タレントと一度でも噂が立った女優は「いたずらにファンを刺激したくないから」と、再共演はもちろん、遠ざけてきたのがメリー氏のスタンスだった。故ジャニー喜多川氏も貫いていた、アイドルという存在に対する繊細な心配りももちろんある。

 それを踏みにじるかのような、場合によっては"常識外れ"と糾弾されかねない今回のキャスティング。本当ならばどうして実現したのか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで