宝塚歌劇団ようやく謝罪も…松本人志裁判、大谷騒動、小林製薬事件への“かぶせ”疑う声

公開日: 更新日:

松本人志の裁判や大谷翔平の一件で騒がれてる中で謝罪とか姑息だよな。もっと早く謝罪出来たでしょ?》《宝塚のパワハラ謝罪が今日行われましたが、まさか「松本人志第一回口頭弁論」と「小林製薬定時株主総会」と同じタイミングで公表した、、、なんてことないでしょうね》

 宝塚歌劇団は28日、記者会見を開き、昨年9月に亡くなった宙組の劇団員(25)の遺族側と合意書を締結したと発表した。同日、阪急阪神HDの角和夫会長らが遺族に謝罪した。

 遺族側は、劇団員の額に上級生がヘアアイロンを押しつけ、やけどを負わせたいじめなどがあったと訴えていたが、当初、歌劇団側は否定していた。それどころか、昨年11月の調査報告公表時には「(いじめの)証拠を見せていただきたい」などと発言し、批判を浴びていた。

 そこから一転し、今回歌劇団側はパワハラをほぼ全面的に認めている。また、宙組の上級生は手紙で謝罪をしたという。

 だが、宝塚ファンは、謝罪会見のタイミングに納得していないようだ。遺族側は、今年2月末の会見で歌劇団が「ハラスメントの約半数を否定している」と主張していた。そのため、きちんと反省の上で遺族と合意し心から謝罪をしているのか、という疑問だ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路