NHK大河ドラマ「光る君へ」で“貴族女子会”シーンがやたら多い今どきの事情

公開日: 更新日:

「源氏物語」の作者・紫式部を描くNHK大河ドラマ「光る君へ」は、平安貴族たちの抗争に翻弄される女と男の純愛物語で、それはそれでいいのだが、どうにも気になるのが姫様たちの女子会シーンだ。下級貴族の娘のまひろ(紫式部・吉高由里子)も末席に交ぜてもらっている。天皇のひ孫の母子や女房(教育係)らと和歌を学び、イケメン殿御の噂話で盛り上がり、貝合わせや囲碁などゲームではしゃぐ。たわいないおしゃべりと口を隠した「オホホ……」が繰り返されるだけで、とくにストーリー展開に意味があるとも思えないのだが、ほぼ毎回のように登場するのだ。

 それでなくても、戦や立ち回りのない大河にイライラしているおじさん視聴者は、テレビの前で「チャラチャラして目障りだ」と不適切な突っ込みをしているだろうが、NHKには実はとても大切なシーンなのである。ベテラン構成作家はこう話す。

「NHKは3年ほど前から、英国放送協会BBCが提唱している『50:50THE Equality Project』を進めているんです。報道、バラエティー、ドラマなど、すべての番組で出演者を男女同数にしようというプロジェクトで、『光る君へ』も参加しています。女性が主人公とはいえ、天皇や公卿のやりとりは男ばかり。藤原道長(柄本佑)ら男子会の『雨夜の品定め』もありました。こうした場面とバランスをとるためにも、女子会シーンは不可欠なのでしょう。吉田羊の藤原詮子がなにかと絡んでくるのも同じ理由です」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる