桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

東日本大震災から13年…通常営業だった番組は猛省を!サンドの好感度が高い納得の理由

公開日: 更新日:

 その後は、宮城・岩手の三陸海岸の激うま飯探しになった。通常ならサイコロを振って、出た目のバス停で降りてすし屋を探したり、ミッションをクリアするが、今回は例外で伊達のアテンドで店を訪ね歩く。伊達の頭には全部の店が入っていて、少しでも多く紹介し復興の手助けをしたいという熱意が伝わる。どの店でも店主と顔なじみで、13年間で絆を深めてきたことがよくわかる。店主たちに震災当時の話を聞き、彼らの能登の人たちへのメッセージを伝え、地震で被災している人たちへの気配りも忘れない。

「自分たちも全てなくなってもうダメだと思ったけど、ちょっとずつみんなの助けも借りてようやくここまできたから一緒に頑張りましょう」という言葉に胸が熱くなった。

「東北魂」を旗印に、ずっと被災者に寄り添ってきたサンドの地元愛と人間力が伝わった。なるほどサンドの好感度が高いのも当然だ。かっこいいぞ、サンドウィッチマン

 逆にいえば、サンドの番組がなければ、東日本大震災の被災地の今を伝えるバラエティーは皆無ということになる。食べて「おいしい」で終了の番組や芸人のどうでもいい話はもう飽き飽き。

 さすがにNHKは、「うまいッ!」でいわきの小名浜漁港から放送したり、「鶴瓶の家族に乾杯」で石川佳純が、震災で800以上の建物が損壊し町外から400人以上の避難者を受け入れた福島県古殿町を訪ねたりしていたが……。通常営業していた番組は猛反省すべし!

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽