桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

東日本大震災から13年…通常営業だった番組は猛省を!サンドの好感度が高い納得の理由

公開日: 更新日:

 今年は東日本大震災から13年。報道番組やワイドショーで震災特集を組んだり、テレビ朝日系「東日本大震災から13年『能登とつながる』~被災者から被災者へ~」や、フジテレビ系「わ・す・れ・な・い 巨大地震再び……教訓は生きたのか」など特番を放送するところもあったが、バラエティーの震災関連の番組が激減した。世の中にはニュースやドキュメンタリーを見ない人も多い。だからバラエティーで扱うことで問題意識も高まると考える局は少ないらしい。そんな中で民放ではほぼ唯一だったのが「帰れマンデー見っけ隊!!」(テレビ朝日系)。

 開口一番、伊達みきおが「オンエア日は3月11日なんですね。ということで東日本大震災から丸13年。僕らは震災の時、もうちょっと海沿いに行ったところにシャークミュージアムっていうのがあって、気仙沼魚市場の前に2時46分地震の時、いましてね。もうすごい揺れで……重油タンクが倒されて、そこに火がついて、あっちの沿岸が全部火事だった……」と昨日のことのようによどみなくまくし立てる。彼らは復興のためにテレビで震災を伝える語り部として何十回とこの話をしているのだろう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる