尾上菊之助も松本幸四郎も…芸の継承は「父から子」という単線だけではない

公開日: 更新日:

 3月の歌舞伎座はオーソドックスな演目が並ぶ。昼の部最初の『菅原伝授手習鑑』の『寺子屋』では、尾上菊之助が松王丸を初めてつとめている。

「松王丸」という役も、『寺子屋』という演目も、音羽屋にはあまり縁がなく、菊之助の父・7代目菊五郎は演じていない。一方、菊之助の妻の父である中村吉右衛門にとっては、松王丸は最大の当たり役だった。

 では、菊之助は吉右衛門の芸を継いだのかというと、そうでもない。舞台には新しい松王丸がいた。それは英雄豪傑でもなければ忠義の人でもない、組織のしがらみの中で生きなければならない「普通の人」としての松王丸であり、サラリーマンの悲哀が浮き立つ。「すまじきものは宮仕え」なのは武部源蔵ではなく、松王丸のほうだったのだ。

 そんな松王丸を、菊之助は理知的かつ冷静沈着に演じる。「不憫だ」と嘆くシーンでも、感情を爆発はさせない。そこが物足りないと感じるかもしれないが、名優による名演技をご覧に入れますという吉右衛門の松王丸は、もういないのだ。

 この時代錯誤の物語を今後も上演し続けるのなら、等身大の人間としての松王丸というアプローチが適しているのかもしれない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至