二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

新生ジャニーズのタレントは恋愛も結婚もしやすい環境に…懸案は「ファンがどう推移するのか」だ

公開日: 更新日:

 新生・SMILE-UP.所属タレントの結婚・熱愛報道が相次いでいる。堂本剛中丸雄一に続き、加藤シゲアキも結婚を発表。亀梨和也、高橋海人、中島健人菊池風磨は熱愛発覚。このままいけば、さらに増えそうな勢い。旧ジャニーズ時代には考えられなかった珍現象だ。

 背景にあるのがスポーツ紙の報道姿勢。ひと昔前までは事務所にお伺いを立て「報じるか否か」の指示に従っていた。事務所に対する忖度によるものだったが、性加害問題を機に忖度から徐々に解放され、ある程度自由に報じられるようになった。

 タレントもこれまでと違った対応力が必要になる。以前だったら熱愛が発覚すれば、故・メリー喜多川副社長が報道の拡散を極力抑えてくれた。その代わり「人気も仕事もなくなるわよ」と諭され、別れるケースもあった。

「マスコミにバレるより、メリーさんに知られるほうが怖かった」というOBもいた。メリー氏亡き今、恋も結婚も自己責任。自分で対処することになるが、当たり前の世界に戻ったに過ぎない。

 恋愛も結婚もしやすい環境が整ったアイドル。極めて健全であるが、アイドルは女性人気が生命線。恋愛(結婚)によって人気が下がれば仕事に影響する。最近はKポップや他のグループの勢いも増している。今後、ファンがどう推移していくのか、見守る時間が必要だろう。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ