仲野太賀が2026年NHK大河「豊臣兄弟!」主演 もう“父・中野英雄の七光”とは呼ばせない

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ第65作、2026年放送の「豊臣兄弟!」で、主人公・豊臣秀長役をつかんだ仲野太賀(31)。大河ドラマは「いだてん~東京オリムピック噺~」(19年)以来、6度目。秀長は秀吉の3歳下の弟で、「秀長が長生きしていれば豊臣家の天下は安泰だった」と言わしめた人物と説明された。

「太賀が大河ドラマに出るということで、本当に光栄に思います」

 そうダジャレで挨拶した仲野について、制作統括の松川博敬プロデューサーは「等身大の人物を泥くさく、エネルギッシュに演じ、見る者の心をわしづかみにする唯一無二の若手俳優です」と太鼓判を押した。

 実際、そのキャリアは確かなものだ。13歳の時にテレビドラマで俳優デビューし、映画「バッテリー」のオーディションで役をつかみ、大手芸能プロとの契約も自ら動く積極性があるようだ。

「映画、ドラマ、舞台、さらにナレーションでも活躍中の売れっ子、カメラマンとしても活動しています。演技も幅広く、脚本家の宮藤官九郎や深田晃司監督ら、仲野を高評価する声も多い。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、毎日映画コンクール男優助演賞、ブルーリボン賞助演男優賞など受賞歴も数知れません」(スポーツ紙放送担当記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい