たむけんがセクシー女優・霜月るなの“援護射撃”に態度豹変も…むしろ「たむけんタイム」の信憑性を高める皮肉

公開日: 更新日:

 松本人志(60)に女性をアテンドしていた疑惑が向けられているお笑いタレントのたむらけんじ(50)が、反論を始めたことで潮目が変わりつつある。

 たむらが強気な姿勢に転じたきっかけは、週刊文春が報じた2016年にザ・リッツ・カールトン大阪で行われた飲み会に参加していたというセクシー女優・霜月るな(33)が、携帯没収や松本と一対一の時間を過ごす女性を決めるためのたむけんタイムなどをXで否定したこと。

 霜月は、自身のXで松本を救いたいと主張し、裁判の証人として出廷する意向も示したが、週刊誌などの取材には一切応じないとしつつ、テレビ番組などの映像媒体への出演には意欲を見せている。

 霜月の投稿を機にたむらは8日、Xで「僕が言われてる記事について、被害って何ですか? 教えて頂けますか?」と強気の投稿を繰り返した。しかし、松本の性的スキャンダル報道が出た当初は、性行為を目的とした飲み会ではなく、合コンという認識だったことを弁明しつつも「今考えるとこのような会をすること自体がよくなかったんやなと、やらなければよかったなと、今、後悔もしていますし、反省もしています」としおらしい対応を見せていた。それが霜月が擁護コメントを出した途端に態度を豹変させたため、ネットでは《霜月さんがでてきてやたらと強気になったたむらけんじに違和感しかない》《散々黙っておきながらセクシー女優が出てきたら乗っかるのはダサい》と一気に、たむらへの不信感が募ったという声が上がっている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速