霜月るなは松本人志の救世主に? たむけん、高須院長、東国原英夫…"ぶら下がる"男たちに嫌悪感

公開日: 更新日:

 3月28日に「週刊文春」発行元の文藝春秋との裁判を控えるダウンタウン松本人志(60)を巡って、場外乱闘が起きている。松本は昨年12月発売の「週刊文春」に自身の性的トラブルを報じられ、名誉を傷つけられたとして5.5億円の損害賠償と記事の訂正を求め訴えている。

 当初は分が悪いとみられた松本だが、"女衒"と報じられた後輩芸人らの援護射撃や、3月になって、飲み会に参加していたという現役セクシー女優の霜月るな(33)が擁護コメントをしたことで流れが変わってきた。

 霜月は3日に自身のXで、「松本人志さんの件について私はあんな嘘だらけの記事の内容に対して許せないから書きます。私は大阪のリッツカールトンでの飲み会に参加していました。記事に書いてあったギャルっぽいAV女優は私の事です。」とポスト。5日には「私は自信を持って真実を発信しています。なんなら、裁判で証人として出ましょうか?それで松本人志さんを救えるなら。私はいつでも力になります。」とも投稿している。

 擁護派からは文春の記事の前提を覆せると応援が集まっている一方で、霜月の行動を疑問に感じる人も少なくないようだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで