長谷川博己は“ジリ貧”日曜劇場を救うか…西島秀俊「さよならマエストロ」が視聴率1ケタ陥落目前

公開日: 更新日:

 西島秀俊(52)主演の「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」を放送しているTBS日曜劇場。次の4月期は長谷川博己(46)主演の「アンチヒーロー」にバトンタッチするが、「長谷川さんなら絶対に“テコ入れ”してくれるはず」(ドラマ制作会社関係者)と期待が高まっている。

 長谷川の日曜劇場主演は2017年4月期から7年ぶり。「小さな巨人」で、所轄署に異動させられた元警視庁捜査一課係長を演じて以来だ。

「長谷川さんと言えば、あの鈴木京香さんと共演した2010年放送のNHK『セカンドバージン』、翌21年のテレビ東京の主演ドラマ『鈴木先生』あたりから、とりわけ女性人気は盤石に。『小さな巨人』は最終話で最高視聴率をマークし、その前の1月期に放送されたキムタク主演『A LIFE〜愛しき人〜』の最終話の数字を上回りました」(テレビ誌ライター)

 その後も2018年後期のNHK朝ドラ「まんぷく」ではヒロイン(安藤サクラ)の夫・立花萬平役(安藤百福がモデル)で準主演、2020年放送のNHK大河「麒麟がくる」では明智光秀役で主演し、いずれも好評だった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情