芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

土屋太鳳「出産後の女優は低迷」の"ジンクス"打破の勝因は…主演映画「マッチング」がヒット

公開日: 更新日:

 マッチングアプリを題材にした映画「マッチング」(KADOKAWA)が2月23日に公開され、初週公開のランキングで第2位に入った。公開3日目までの観客動員数は約20万3000人、興行収入は約2億9500万円。

 このままの勢いで推移すると、筆者の試算では最終興収は約16億円前後となる。主演の土屋太鳳(29)は、自身の主演映画で10億円超の興収を記録するのは2017年12月の佐藤健(34)との「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(松竹、最終興収約28億2000万円)以来となる。

 そして土屋の7年ぶりとなる大成功で「人気女優と出産後のジンクス」というテーマにも関心が寄せられている。時代錯誤も甚だしいが、芸能界において人気女優の出産は鬼門といわれてきた。その理由は“母”のイメージが刷り込まれることによって、それまで応援してきたファンの間に少なからずイメージギャップが生じるからだと解釈されている。

北川景子榮倉奈々も出産→復帰後に伸び悩む

 例えば“高視聴率女優”の異名を持つ北川景子(37)も、第1子出産の2年前に公開された2018年11月公開の映画「スマホを落としただけなのに」(東宝)は興収約19億6000万円を記録したが、出産後初の主演映画「ファーストラヴ」(2021年2月公開、KADOKAWA)は復帰作として話題になったものの、興収は約6億1200万円。芸能関係者の間から「さすがの北川でも出産のイメージを覆せなかった」という声が漏れた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う