堀ちえみは“がんサバイバー”の希望の星 生存率50%ステージ4の舌がん克服で親衛隊も感涙

公開日: 更新日:

 2019年2月にステージ4の口腔がん(舌がん)であることを公表し、闘病を続けていた歌手の堀ちえみ(57)が27日、自身のブログで、「舌がんの完治」を報告した。

 堀は3つの科で診察を受けた後、主治医から〈『本日の経過観察を終えて特に問題ないので舌がんに関しては完治ということになります。おめでとうございます』〉と言われたとして、〈この5年もの長い期間、ご尽力いただきました皆々様に、心より御礼申し上げます。涙が溢れて止まりません〉とつづった。

 19年2月22日に行われた大手術は、舌の6割を除去するという11時間に及ぶものだった。堀は、その後、必死のリハビリやボイストレーニングを続け、自身の誕生日でもある23年2月15日には、デビュー40周年の記念コンサートを実現していた。

 今回、完治を伝えるYahoo!ニュースのコメント欄では“エキスパートコメンテーター”である緩和ケア医師の大津修一氏が「舌がんのステージ4はⅣA、ⅣB、ⅣCと3種類あり、ステージ4全体の5年全生存率は50%で、再発は治療後2年以内に起こることが多いです。他のステージ4の腫瘍よりは生存率は良いですが、患者さん自身にとっては相当ストレスなものでしょう」とコメントしている。

 一方で堀は、病魔と同時に、大学病院での様子を盗撮されたり、度重なる誹謗中傷など、心ない仕打ちともこの5年間、闘い続けてきた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う