今年は「1984年デビュー組」が40周年…“黄金時代”をプロアイドルヲタクが振り返る

公開日: 更新日:

 80年代アイドルが“デビュー○周年”など周年を迎えることが続いているが、今年は、1984年デビューのアイドルが40周年を迎える年。菊池桃子荻野目洋子、長山洋子、岡田有希子ら、男性では吉川晃司あたりがそうである。

 この頃は各テレビ局が主催する音楽祭がこぞって行われていた。その年のヒット曲を歌った歌手のトップを決める番組だ。今では「輝く!日本レコード大賞」(TBS系)くらいしか残っていないが、80年代は、各局が大きな盛り上がりを見せていた。特にその年にデビューした新人の中で、トップを狙う「新人賞」は見どころだった。

 84年の新人賞レースでは、本命はデビュー前から雑誌のイメージガールや映画「パンツの穴」で主演した菊池桃子といわれていた。圧倒的な歌唱力で美少女ぶりが名高かった岡田有希子(故人)が対抗とされていた。新人賞はこの2人のマッチレースが予想されたが、菊池がまさかの賞レースを辞退することに。岡田の対抗として出てきたのが吉川晃司だった。吉川は映画の主演と同時に歌手デビュー。毎年のようにジャニーズのアイドルが新人賞候補に出ていたが、この年はジャニーズ不在となり、吉川が注目を浴びていた。結局、この年の「レコード大賞」は、岡田由希子が受賞した。

 新人賞には及ばなかったが、荻野目洋子や長山洋子なども健闘した。荻野目はアイドル街道をひた走っていたが、ある時期からほとんど見かけなくなった。数年前にバブリーダンスで「ダンシング・ヒーロー」が起用されたことなどがあり、再び注目を浴びるようになった。長山はまさかの演歌歌手に転身。これまでのイメージをいい意味で覆してくれた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”