碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

TBS「さよならマエストロ」夏目俊平の言葉を体現する小澤征爾さんは真のマエストロだった

公開日: 更新日:

 早い。もう2月が終わろうとしている。日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」(TBS系)も第7話まで放送された。

 夏目俊平(西島秀俊)は世界的指揮者。娘の響(芦田愛菜)は、かつて有望なバイオリニストだった。しかし彼女は5年前の「事件」でバイオリンを捨て、以来、俊平を拒絶し続けている。俊平も音楽から離れた。

 しかも、俊平は妻で画家の志帆(石田ゆり子)から離婚を迫られている。音楽に没頭するあまり、自分や家族を顧みない夫に愛想をつかしたのだ。「あなたが指揮棒振ってる間、私は人生棒に振ってた」と手厳しい。このドラマ、父娘を含む家族再生の物語なのだ。

 最近、ようやく5年前の出来事の真相がわかってきた。「(父と)共演するには、私は(力が)足りなかった。そんなつまらないことで、私は家族を壊したんです」と響。沈む彼女を、市役所の同僚である大輝(宮沢氷魚)が支えていく。

 音楽に愛された指揮者と不器用すぎる父親の両面を巧みに演じる西島。思春期から脱出できないもどかしさを抱えた娘を、丁寧に見せる芦田。終盤に向かって、2人の更なる化学反応が楽しみだ。

 今月6日、指揮者の小澤征爾さんが亡くなった。享年88。小澤さんは、「音楽は人の心を救うことができる」という俊平の言葉を体現する、真のマエストロだった。合掌。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”