坂本冬美さん明かす ヒット曲『夜桜お七』誕生秘話と「何かが違う」と焦った2012年の紅白

公開日: 更新日:

坂本冬美さん(歌手/56歳)

 昨年、35回目の紅白出場を果たした坂本冬美さん。「あばれ太鼓」「夜桜お七」「また君に恋してる」などのヒット曲があるが、これまで紅白では「夜桜お七」を9回歌っている。この歌との出合いは歌手人生の大きな節目だった。そして、痛恨の失敗談も……。

  ◇  ◇  ◇

 暮れの紅白では「夜桜お七」を歌わせていただきました。初めて歌わせていただいたのがデビュー8年目の1994年、この曲を発売した年です。気がついたら昨年でもう9回目になります。

 昨年、出場した歌手の中で着物を着て歌ったのは石川さゆりさんと私の2人だけです。和の美しさもありますし、日本の象徴の桜をテーマにした歌ということで、映像がイメージしやすく、「夜桜お七」は日本の歌として世界に発信しやすいのかなと最近思うようになりました。

 紅白は世界中の人が見る日本で一番の音楽番組です。お祭りの要素もあります。その中で日本らしさをアピールできる曲という見方もできると思います。とくに昨年は若いアーティストとコラボして、キレッキレのダンスミュージックのようなリズムも取り入れた、新しい側面もアピールできたと思います。ただ、元のアレンジが素晴らしいので、大きく変えることはできない、それでも30年前の曲という古さを感じさせない、私には宝物のような曲です。

■30万枚売れなければ頭を丸める

 この曲をいただいた時のことは今も忘れることができません。作曲家の三木たかし先生が「30万枚売れなければ、頭を丸めて責任を取る」とおっしゃって、当時、話題になりました。

 恩師の猪俣公章先生が亡くなったのは93年。お葬式で先生と最後のお別れをする時のことです。弟子ですから、早めにお花を手向けて、棺から離れて後ろに行こうとしたのですが、気がつくとすぐ後ろに三木先生がいらっしゃった。先生は「最後までずっとそばにいてやりなさい」と私を前に押し出す。それを3回繰り返しました。そのことが私の中ですごく印象に残りました。

 翌年になりますが、新曲を出す段になって小西良太郎さんのプロデュースで作曲が三木先生、作詞が歌人の林あまりさんということになり、あの時のことを思い出しました。これは何かのご縁なんだな、猪俣先生が三木先生に後のことを託してくださったのでは、となんとなく感じました。ですからすべて先生にお任せする気持ちでした。

 それまでの私はデビュー曲の「あばれ太鼓」からスタートしてほぼ男歌を歌い、演歌にどっぷり漬かっていた。それが先生から出来上がったデモテープが届いて聴いたらスローなギターで「ザッザッザッ、ザザザッ」という出だしです。一体何が始まるんだろうとワクワクしながら、最後まで聴いて、次に歌う歌はこれしかない! と思いました。

 ところが、「ティッシュを……」なんて出てくるのは演歌歌手の歌詞としては斬新すぎる、冒険しすぎ、違和感があるというレコード会社や関係者の反対があって、発売するのはどうかという話になりまして。三木先生はアンパンマンからミュージカルまでお書きになって幅広い活躍をなさっている方だし、林先生は新しい作風にチャレンジなさっていることで知られる方です。従来の猪俣先生のメロディーでもなく、飛躍しすぎるポップスでもない……。猪俣先生が亡くなって、新たな一歩を踏み出す意味ではやはりこの曲しかないと思いました。

 三木先生はこの曲に懸ける思いも強かったんだと思います。だから「売れなかったら責任を取って頭を丸める」と言ってくださったんだと思います。先生のあの一言がなかったらおそらく「夜桜お七」はお蔵入りしていたでしょうね。

 そんな先生の熱い思い故なのか、演歌歌手の新曲の披露イベントとしては異例の日比谷の松本楼で行われました。いつも春に新曲を出していたので、猪俣先生が書いてくださった最後の作品「船で帰るあなた」を春に出し、「夜桜お七」は9月初旬発売でした。残暑の中で、演歌なのに洋食の松本楼のカレーを食べるという、和洋折衷が珍しかったのか、ちょっとした話題になったのを覚えています。

 余談ですが、「夜桜お七」は物語の「八百屋お七」をイメージして作られた曲です。お七は3月29日に亡くなっていますが、私は1967年3月30日の生まれです。ですから、私はお七の生まれ変わりだと勝手に言っています。それくらい縁があるんです。

 三木先生とはプライベートでご一緒したことはありません。ただ、私のマネジャーが私を担当する前から三木先生のお父さまがやってらっしゃる渋谷のお店が行きつけだったので、先生とは私よりも親しくさせていただいていました。そんな家族ぐるみみたいな関係だったので、猪俣先生の弟子の私は三木先生のお弟子さんにもかわいがっていただいて、ディズニーランドに連れていってもらったりもしました。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う