藤原道兼演じる玉置玲央がXで弁明? NHK大河「光る君へ」の不穏な展開に視聴者も混乱

公開日: 更新日:

 NHK大河「光る君へ」の第8回「招かれざる者」は、宮中で突然、兼家(段田安則)が倒れ、安倍晴明(ユースケ・サンタマリア)の怪しいおはらいが行われる。陰陽師ユースケ・サンタマリアの異様さは格別だが、兼家の無茶ぶりに振り回されそうで、企画提案もする平安のコンサルタントである。藤原一家を集めて祈祷が行われるが、霊媒師に霊がとり憑き狂ったように花山天皇(本郷奏多)の亡くなった嫁、忯子の祟りだと言い出した。しかし笑っちゃうくらい怪しいのである。

 危篤状態の兼家がパチリと目を開けて、道兼(玉置玲央)と目が合ったような場面で、ギョッと驚いた後、まひろの父・為時(岸谷五朗)に近づく道兼。自分は父・兼家に嫌われて虐待されていると打撲の跡を見せるのは、なにやら嘘っぽい。そして招かれざる者はまひろ(吉高由里子)の家に。道兼はまひろの母を死に追いやった張本人であるが、事実を知っていながら、為時の家にやってきたとなれば、人の血が流れているとは思えぬほど悪魔的だ。

■視聴者も疑いの目

 ストーリーは、ハッキリと右大臣兼家と道兼親子の策略、差し金であることが見えてこない。視聴者も《かっと目を開いてる右大臣様を見て、黒幕健在って確信》《道兼が急に為時パパに近付いて来るのおかしくて》《道兼様の腕のあざは、わざと付けられたのか何なのか?》《兼家の策略》《裏がある》など裏で兼家が糸を引いているのではと疑いの目でみている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  5. 5
    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

  1. 6
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

  2. 7
    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

  3. 8
    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

  4. 9
    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

  5. 10
    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ

    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ