TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

公開日: 更新日:

 “失われた25年”は取り戻されるのか。宮藤官九郎脚本の連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)の第5話に、元関ジャニ∞メンバーの錦戸亮(39)が出演し、大きな話題を呼んでいる。錦戸の地上波ドラマ出演は2019年4月期のフジテレビの月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』に主演して以来、5年ぶりだった。

「演技のうまさは相変わらずで、華があるから画面が映えました。日本のテレビドラマを代表するような『月9』枠で主演を務めた俳優が、大手事務所を辞めたという理由で5年も地上波ドラマに出られなかったわけですよね。異常ですよ。昨年、ジャニー喜多川氏の性加害問題がテレビでも大きく報じられ、旧ジャニーズ事務所の圧力体質も問題視されたから、今回の出演が実現したのでしょう。もしイギリスのBBCでジャニー氏が取り上げられなかったら、今も旧ジャニーズの圧政のような体制が続いていたはずです」(週刊誌記者)

 旧ジャニーズ事務所は退社したタレントを徹底的に干すことで、独立を防ぎ、芸能界で一大王国を築いていた。

SMAPのメンバーがバラエティーやキャスター業にも進出し、テレビ番組の全分野に力を持ち始めた1990年代後半からメリー喜多川副社長(当時)の露骨な圧力が始まった。事務所を独立したタレント、ライバルとなる他事務所のアイドルが起用されそうになると、『あの子を使うならウチは降ります』というような手法でした。テレビ局の幹部はメリー氏の要求を簡単に飲んでしまった」(前出の週刊誌記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず