芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

P&G「ファブリーズ」も道枝駿佑と距離を置き始めた! テレ朝「マルス-ゼロの革命-」の残念な視聴率

公開日: 更新日:

『マルス-ゼロの革命-』(テレビ朝日系)が、オンエア前の評判を大きく覆すような低視聴率に喘いでいる。第1話の視聴率は6%に迫る数字で勢いを感じさせたものの、第2話で4%半ばと急激にダウン。その後はさらに3%台にまで低下している。

 このテレ朝の"火曜9時枠の連続ドラマ"の前作は『TOKIO松岡昌宏(47)が主演の『家政夫のミタゾノ 第6シリーズ』で初回視聴率は9%台、平均視聴率は7%台半ばだった。それを踏まえれば、この番組枠についていた固定のドラマファンの多くが初回を観ただけで離れてしまったとも解釈できる。

「主演の『なにわ男子道枝駿佑(21)のキャスティングには、局として若い視聴者の囲い込みを狙っているのではないかと噂されています。年齢層が高めな視聴者を狙ったドラマ作りから若年層の視聴者を獲得することで、頭打ちだった広告収入の伸びを改善しようという試みがあるのではないでしょうか」(テレビ関係者)

 その若年層視聴者獲得の切り札が道枝だったわけだが、SNSでは《陳腐なドラマ、こんなの誰が見てんの》とか《演技と脚本が悪過ぎるだろう》と散々。《早く打ち切りにした方がいい》というコメントまで出ている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず