オードリーが「ラジオ界の覇王」と呼ばれるまで…異常人気の理由「気密性」とは?

公開日: 更新日:

ANN15周年記念イベントは計16万人が“観覧”

 オードリー若林正恭(45)と春日俊彰(45)が“真のラジオモンスター”となった。ニッポン放送の深夜ラジオ「オードリーのオールナイトニッポン」の15周年記念イベント「オードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム」が開催されたのは18日のこと。同時視聴者数が16万人となり、Xで世界トレンドと日本トレンドで1位を獲得。記録ずくめの一日となった。

 放送時間帯ごとに3ブランドに分かれたANN(「オールナイトニッポン」の略語)のなかで、土曜日深夜のオードリーはぶっちぎりの聴取数。5周年では、東京国際フォーラムに5000人のリトルトゥース(リスナーの愛称)を集めた。2019年3月に行われた10周年では、全国ツアーを回ってファイナルで日本武道館に初進出。会場に1万2000人、ライブビューイングで1万人の計2万2000人を動員した。

 あれから5年。ドーム初進出は昨年3月19日の生放送中に、春日だけが知らないドッキリで発表された。最大収容は4万5000人。お笑い芸人のドーム単独イベントでは、89年11月のとんねるずに続いて2組目。ラジオのタレント単独イベントでは初となる。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず