門脇麦「厨房のありす」に「セクシー田中さん」問題が重なる不運…難役続き《普通の演技見たい》の声も

公開日: 更新日:

 門脇麦(31)が主演を務める「厨房のありす」(日本テレビ系)が、世帯視聴率5%台と伸び悩んでいる。門脇が演じるのは、コミュニケーションを取るのが苦手な自閉スペクトラム症(ASD)を抱えながら、天才的な化学の知識を持ち、客の健康状態や精神状態に合わせた料理を作る一風変わった料理人。毎回、化学や健康の知識などに関する情報を早口で話す長台詞がお馴染みとなっている。

 こだわりが強く、大きな音などがダメという制限も多い自閉症の役ゆえに、一見偏屈で癖が強そうなキャラクターに映ってしまいそうだが、そこは門脇。持ち前のバランス感覚と演技力で、制限がある中で必死に生きる可愛らしい女の子像をうまく作っていると、視聴者からは好評だ。

 その一方で、門脇の技量を試すかのように、ここ数作は"変わった人”の役が続いており、《麦さんは、好きなんだけど、もっと普通の演技が見たい》という声も上がっていた。

■制作側の技量試しに癖のある役柄が与えられてしまう実力派

「門脇さんといえば、演技に定評がある実力派です。それゆえに制作側が『他の人がやると成立しないような変わった役を演じさせてみたい』となってしまうのか、22年10月期のフジテレビ系『親愛なる僕へ殺意をこめて』で連続殺人鬼を崇拝し、自らも殺人をする女子大生の役を演じました。その直後の日テレ系『リバーサルオーケストラ』では天才バイオリニストなど、どうしても一癖ある役が与えられがちな印象です。そういったところが門脇さんの代表作と言われて、すぐに連想できるものがないという点に繋がっているのかもしれません」(ドラマ制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  5. 5
    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

  1. 6
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

  2. 7
    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

  3. 8
    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

  4. 9
    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

  5. 10
    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ

    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ