鈴木敏夫
著者のコラム一覧
鈴木敏夫スタジオジブリ代表取締役プロデューサー

1948年、愛知県名古屋市生まれ。72年に徳間書店に入社。「週刊アサヒ芸能」「アニメージュ」編集部を経て、84年に「風の谷のナウシカ」を機に映画の世界に。89年からスタジオジブリ専従。「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「かぐや姫の物語」など、宮崎駿、高畑勲と共にジブリ作品を生み出す。2022年11月、ジブリパークが愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内に開園。スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。(撮影:荒木経惟)

今村昌平と日活女優編(7)「吉村実子さんを立て続けに抜擢した理由がよくわかる」

公開日: 更新日:

「にっぽん昆虫記」後編

 今村昌平監督の「にっぽん昆虫記」(1963年)は公開当時、主人公のとめ(左幸子)が子どもを産んだのち、乳が張って苦しいと北村和夫扮する父親に訴え、彼に母乳を飲んでもらう場面のスチール写真が話題になった。

「それが当時はエッチな感じがしてね(笑)。ただ今村さんの作品には近親…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋