てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

芸人たちが愛してやまないダイアン津田篤宏の原始的な笑い

公開日: 更新日:

「横になって屁こいて見とけよ!」
 (津田篤宏/テレビ朝日系「テレビ千鳥」2月1日放送)

  ◇  ◇  ◇

「テレビ千鳥」の人気企画「一周だけバイキング」で、マナーが悪いとプチ炎上したダイアンの津田篤宏(47)。同番組に再び出演した際に食材を間違え、「また炎上するぞ」と言われてしまう。それに対し「世の中、厳しすぎる」と嘆き、その思いをぶちまけた一言が今週の言葉だ。

 津田といえば「いま、芸人に最も愛されている芸人」(日本テレビ系「カワシマの穴」23年9月24日)と称される希代のイジられキャラ。TBS系「お笑いの日」(22年10月8日)でランジャタイが津田とコラボし、持ちギャグ「ゴイゴイスー」で徹底的に遊んだ「ゴイゴイスーミュージカル」は、いまだに語り継がれるほどの大爆笑を生んだ。

 また、「水曜日のダウンタウン」(TBS系)での昨年屈指の名企画「名探偵津田」は、演出の藤井健太郎がSNSに投稿(23年1月25日)したところによると「名探偵役は津田一択」で、「スケジュールが出るまで企画を10月(編注.22年)から寝かせて」いたほど。この企画の作家を務めた矢野了平は「あれだけ不満が全部口に出る方も珍しいので、そこが面白さなので、どういうことに追い込んだら津田さんが爆発するか」と、いかにイライラさせるかを考えたという(フジテレビ系「週刊フジテレビ批評」23年12月23日)。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ