鈴木おさむ氏“引退興行”で稼ぐ商魂の逞しさ…篠田麻里子起用の不倫ドラマ大バズり中

公開日: 更新日:

 元AKB48の女優・篠田麻里子(37)の大胆演技で、今期最も話題のドラマ「離婚しない男~サレ夫と悪嫁の騙し愛~」(テレビ朝日系)は、初回見逃し配信が350万再生を突破。今作は、今年3月末で32年間の放送作家、脚本家を引退する鈴木おさむ氏(51)の地上波最後の脚本ドラマで、篠田を不倫妻役に口説いたのも鈴木氏だという。

「篠田は昨年報じられた不倫騒動で芸能活動が危機的状況を迎えていましたが、騒動を逆手に取った鈴木氏による起用で、息を吹き返し始めています。鈴木氏は作家引退に合わせて『仕事の辞め方』という本を出版。最後のドラマが当たり、狙いすましたような“引退興行”は成功のうちに終わりそうですが、”閉店セール“と銘打ちながら営業を続ける衣料品店のように、鈴木氏は作家は辞めてもタレント的に活動を続けるのではないか、と穿った見方をする関係者もいます」(芸能ライター)

 鈴木氏はフジテレビ系「森田一義アワー 笑っていいとも!」や「SMAP×SMAP」をはじめ、数多くの人気バラエティー番組のほか、ドラマの脚本も数多く手がけてきた。プライベートでは2002年にお笑いトリオ「森三中」の大島美幸(43)と“交際0日”で結婚し、その経緯がエッセイ「ブスの瞳に恋してる」にまとめられ、鈴木氏をモデルにした役を稲垣吾郎(50)が演じドラマ化している。昨年7月には51歳にして大島と“妊活宣言”するなど、身を挺した仕掛け人としても知られている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ