「テラヤマキャバレー」は脚本、演出、役者…すべてが表層的で深みに欠ける

公開日: 更新日:

 日生劇場は1964年に寺山修司の「はだかの王様」(演出=浅利慶太)を初演した劇場であり、没後41年目に寺山修司をモデルにした作品が上演されるのは慶賀の至りだ。

 物語は1983年5月3日、寺山の死の前日。河北病院に入院中の寺山が見る幻想の音楽劇。 

 彼が主宰する劇団のメンバーが稽古場のキャバレーに集まってくる。その中には初めて会う役者もいて、寺山によって奇妙な芸名をつけられていく。

 そこに死の使い(凪七瑠海)が現れる。彼女は朝日が昇るまでの時間の猶予と3本のマッチを渡す。マッチを擦ると過去や未来へトリップできるらしい。

 行き詰まった寺山が1本目のマッチを擦ると近松門左衛門の人形浄瑠璃「曽根崎心中」の稽古場へと飛ぶ。

 2本目は2024年のバレンタインデーに沸く新宿・歌舞伎町。寺山が少年少女たちに家出のすすめと、「書を捨てよ町へ出よう」と呼びかけた時代から60年。新宿はもはや「言葉」をなくした少女たちがたむろする喧騒と虚無が渦巻く街になっている。「私の墓は、私のことばであれば十分」と言った寺山の「ことば」はもはや有効性を失ったのか……。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状