井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

谷原章介はたびたび“うっかり発言”でネットをザワつかせるが…気の毒に思えることも少なくない

公開日: 更新日:

 猫と犬に関する情報番組に出演し、迷い鳥を捜す張り紙に話題が及ぶと、「鳥捜してますの場合、無理じゃん」「いや、無理だと思うよ」とうっかり発言し、愛鳥家を中心に炎上してしまった真鍋かをり。愛犬家として心配になるのはわかると、寄り添うだけで炎上せずに済んだだろう。

 テレビでのうっかり発言でたびたび炎上しているのが谷原章介(51)。昨年の春先、自身がMCを務める情報番組で続けざまに「うっかり炎上」をやらかし、ネットをざわつかせた。

 2月、子どもの貧困問題が取り上げられると、今の子どもは皆が「ユニクロみたいな安い服を着て」いて貧困問題が見えにくい、さらに「安い服しか着れない人もいるかも」と続け、一般人を下に見ていると炎上。3月には女性アナウンサーを同僚が「荷物が多くてリュックを背負って」るイメージだと紹介したことに、「女性ってリュック背負うんですね」と心底驚く様子が女性蔑視だと炎上。

 さらに6月、広末涼子不倫騒動を受け、夫のキャンドル・ジュンが会見すると、広末がどこまで夫の「発言の内容を理解していたのか、許可をしたのか気になる」とコメントし、広末が許可したかどうかは関係ない、気にするところがズレていると、またも炎上した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今