ベストセラー「舟を編む」が初のドラマ化 原作者・三浦しをんさんは言葉とどう向き合っているのか

公開日: 更新日:

三浦しをん(作家)

 辞書作りにかける編集者の情熱を描いたベストセラー小説「舟を編む」がドラマ化される。書名の由来は「言葉という大海をゆく辞書は、長い年月をかけて人の手によって丁寧に編まれた書物だからこそ、造船所のような大きな『船』ではなく、手で漕ぐ『舟』にしたんです」という。執筆から10年あまり。映画化、アニメ化に続く映像化にあたり、移ろいゆく時代の流れ、言葉との向き合い方、その思いを語ってくれた。

■「舟を編む」映像化は、親戚の子を見る感覚

 ──「舟を編む」のドラマ化は初めて。映像化はおよそ7年ぶりですが、原作者からするとどんな受け止めなんでしょうか。

 薄く血がつながっている親戚の子の活躍を見ている感覚ですかね。小説を書き上げて本になったら、私はあまり読み返しません。自分が書いた本ではあるけど、分身とは思わない。今回のドラマのように小説とは異なる媒体で表現された作品を見ると、それぞれの作り手の解釈が入っていてとても刺激的ですし、そうは言っても私と無関係ではないので、親戚の子を眺めている感じ。ドラマ化の話は、2012年に本屋大賞を受賞したころにプロデューサーの方から声をかけてもらいました。それ以降、ずっと構想を練ってくださっていたそうで、小説の後半に登場する女性の編集者を主人公に、今の時代に即した内容にしていただけるようでとても楽しみです。

 ──ドラマでは電子辞書にも触れられるそうですね。

 世の中の流れが今後「電子寄り」になると思っていたからこそ、逆に原作の「舟を編む」では紙の辞書の良さや、どうやって作っているのかを伝え、残したいなと思っていました。もちろん電子辞書も執筆当時にあったのですが、私自身あまり馴染みがなかったので目配りできていませんでした。昨年の芥川賞を受賞された市川沙央さんが「電子書籍にしてくれないと困る」とおっしゃっていたり、自動読み上げ機能を付けることが当然になっていたりするので、これからは選択肢としていろいろなものが選べるようになるとも思っています。原作を書いている時点では思い至れなかった部分もあったのですが、ドラマではその点をうまくカバーしていただけることや、女性の描き方についても、この10年で世の中が大きく変わったので、ドラマ化のタイミングとしてはとても良かったと思っています。

 ──今も紙の辞書を使用していますか?

 使っています。国語辞書で一面埋まっている本棚もありますよ。在宅仕事なので、電子辞書や辞書アプリよりも紙で持っています。普段手に取るものは決まっていて、大辞林と広辞苑は常に手元に置いています。三省堂国語辞典や岩波国語辞典を引き比べることも多いですし、表現辞典やことわざ辞典は読みものとして面白いです。ただ最近は五十肩になってしまい、大きな辞書が持てなくなってきたこともあって、やっぱり電子辞書は大事だなと思いました。文字も大きくできますし。

 ──電子化は小説界にも広がっていますよね。

 電子書籍やオーディオブックなど、選択肢があるのは良いことですね。ただ、電子書籍が登場した当初は配信元が乱立していたのもあって、慎重派でした。電子書籍という媒体が嫌なのではなく、収益構造がまったく分からなかったからです。市場が確立されて出版社の採算が取れるなら、ツールが増えるのは歓迎ですし、小説を表現する媒体としてオーディオブックは可能性を秘めている。私も「墨のゆらめき」で挑戦しましたが、オーディオブック化を前提に小説を書くことで、今までとは違う面白い試みが生まれてきそうな感触があります。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状