趣里はスズ子で好感度爆上がりも…朝ドラ「ブギウギ」撮了後の次回作が俳優人生を左右する

公開日: 更新日:

NHKの大河と朝ドラの主演は、その後の俳優人生を大きく左右しますからね」と話すのは、在京キー局プロデューサー。3月30日まで放送されるNHK朝ドラ「ブギウギ」でヒロインの福来スズ子を演じる趣里(33)が10日にクランクアップしたと13日に発表された。

「朝ドラの放送自体は半年ですが、準備などを含めると1年がかり。主演のプレッシャーは半端ないですし、クランクアップする頃には肉体的にも精神的にもヘトヘトです。ただ『ブギウギ』は世帯視聴率16%以上をほぼキープして数字的にも安定していますし、何より、苦労人だけど明るく前向きという万人ウケするスズ子を演じた趣里さんの好感度は爆上がり。今後はオファーも続々ですよ」(前出の在京キー局プロデューサー)

 芸能ライターのエリザベス松本氏も、こう口を揃える。

「朝ドラ前の趣里さんと言えば、2018年公開の主演映画『生きているだけで、愛』で演じた引きこもり気味の寧子のように、ややエキセントリックな役柄が多いイメージでしたが、今回のスズ子で完全に払拭できた。キャスティングする側としても、今後は幅広い役で使える。引っ張りダコになるのは間違いないでしょうが、朝ドラファンとしては、終わってからも、しばらくは余韻に浸りたいので、すぐに別のドラマに出演するよりは、1クールぐらいは体を休めて英気を養ってほしいですね」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず