「はぐれコキリコ」で紅白出場の成世昌平さんは現在“民謡の伝道師”に…「人生の大切な軸です」

公開日: 更新日:

成世昌平さん(歌手・72歳)

 年末の風物詩・NHK紅白歌合戦に出場する演歌歌手がめっきり減った。民謡となると、なおさら。演歌や民謡のファンは物足りないだろう。2002年、民謡で鍛えた喉で、♪あぁ~はぐれコキリコ~とのびやかに歌い上げていた成世昌平さんは、紅白出場はかなわなかったが、可能性大とみられていた。成世さん、今、どうしているのか。

 成世さんに会ったのは、東京メトロ・神谷町駅から徒歩10分のラジオ日本東京支社の会議室。

「去年11月に新曲『あんちゃん』を出しましたので、今日はそのプロモーションでラジオ番組に出させていただきました。『あんちゃん』は『はぐれコキリコ』を作詞してくださった、もず唱平先生が『君は民謡が元だから、望郷がテーマの曲が合うんだ』とプロデュースしてくださった歌なんです」

 成世さん、まずはこう言った。新曲は久しぶりかと思えば、毎年リリースしているそうだ。

「演歌や民謡を聴いてくださる方は年配の方が多いので、パソコンやインターネットを駆使して配信やダウンロードして聴ける方は少なく、やはりCDを出すことになります。でも、売れ行きは右肩下がり。街の個人経営のCDショップは少なくなり、年配の方はネットで購入もできない方が多いですから、なかなか届けられません。コロナでなくなったコンサートは、去年からポツポツ回復してきましたが、まだまだ感染を恐れて出てこられない方も多い。だから、がんばらないといけないな、と思っています」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ