桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

藤本美貴がトップ独走も群雄割拠 これからのママタレ戦国時代を勝ち抜くのは誰だ?

公開日: 更新日:

 石を投げればママタレに当たる……。テレビはまさにママタレ戦国、群雄割拠時代。次々にママタレが現れ、しのぎを削る。2日「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)でも「ママタレ波瀾万丈~令和の最強ママタレ大集結!2時間SP」と題し、ママタレが一堂に会した。

 藤本美貴を筆頭に東尾理子小倉優子横澤夏子すみれ、キンタロー。、野々村友紀子、中村仁美……。なんと、8人のSNS総フォロワー数は約376万人、昨年のテレビ出演総本数は1293本というから驚く。

 番組では「ママタレ界に影響を与えた4人のパイオニア」と題してアグネス・チャン、武田久美子辻希美、東尾を挙げていた。

「貝殻水着」の武田がどれほどの影響を与えたのか不明だが、それ以外はおおむね納得。その場に辻ちゃん不在もレジェンド扱いは納得だ。

 ところで、この中でもっとも活躍しているママタレといえばミキティこと藤本。「夫が寝たあとに」(テレビ朝日系)では横澤夏子とMCを担当し、「ママの本音を語り合い、育児や家事そしてパパに対する日頃のストレスを発散!」する番組で歯切れのいいしゃべりっぷりで子育て世代の支持を集めている。

「金スマ」では夫・庄司智春の持ちギャグ(!?)「ミキティ~」は実はビジネスミキティで、実は「美貴ちゃん」と呼ばれていると告白。稼ぐ妻のおかげで庄司も安泰?

 夫の芸人つながりでは元フジテレビの中村仁美も重宝されている。現在元局アナも飽和状態だが、中村の場合、夫がさまぁ~ず大竹一樹ということでママタレ元局アナとしてはいささか有利。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状