元女子プロレスラー大森ゆかりさんはパートに出る主婦「パイプ椅子が並んでいると『飛びたいなぁ』って…」

公開日: 更新日:

大森ゆかりさん(元女子プロレスラー/62歳)

 袈裟斬りチョップで、「女・力道山」というニックネームがついたダイナミックファイター。1980年にデビューしたダンプ松本(63)、クラッシュ・ギャルズ(ライオネス飛鳥=60、長与千種=59)より早くシングルとタッグのベルトを獲得。現在はパートに出る主婦だ。

 父親は身長180センチ、体重100キロ超えで、草野球ならぬ、草相撲の力士。父親似のゆかりは小学生から柔道を習い、女子プロレスラーになるよう育てられた。

「中学生で体重は84キロ。父の関係で相撲取り関係の知人が多くて、15歳で湊川親方と会ったときに目の前で、父の上に弟、その上にお母さんを乗せて、200キロぐらいを背負って歩いちゃった。二重跳びも逆上がりもできないぐらい運動音痴なのに、足腰は強くて、力だけはあったから、高校卒業後に鏡山親方に後見人になってもらって、全女(全日本女子プロレス興業)に入ったんだよね」

 正統派の美人にしてストロングスタイル。入団翌年に、元アイドル歌手のミミ萩原(67)とWWWA世界タッグ王座に君臨。空前の女子プロブームだった84年から85年にかけては、ジャンボ堀(61)との「ダイナマイト・ギャルズ」で人気を得た。

「全女は気が強い女ばかりだから、怖かったよ。私は揉め事に首を突っ込みたくない性格だから、堀さんといたずらばっかしてた。巡業先で、部屋のベッドとか全部ひっくり返して、泥棒が入ったように見せかけたり。飛鳥が嫌いだった納豆を練って、カーテンの裏に隠しといたり……女子高生のノリでふざけてたから、会社の人からいつも『堀、大森!』って怒られてた。堀さんとは私生活でも仲が良くて、一緒に住んでたこともあったね」

 最盛期は年間310試合。中でも本気でキレた一試合が、85年3月の対ダンプ戦。凶器攻撃がエスカレートしたため、善玉だった大森がダンプのフォークを奪って、左腕に刺したのだ。

「ムカついたんだろうね。刺した瞬間、シャウエッセンの粗びきウインナーが割れたみたいな、『プシュッ!』て音がしたのを覚えてる。その後、奪った竹刀を足で真っ二つに折ったんだけど、竹のささくれが足じゅうに刺さって痛かったー。そのダンプからは堀さんが辞めたあと(86年)、『極悪に入れ』って誘われたんだよね。でも、入ったところで後輩のブル(中野=56)ちゃんの下になるし、凶器を使う試合は好きじゃないから断った」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる